言葉変換『もんじろう』用アイコン 「ものを減らそう」   

2004年 09月 02日

昨日、寝すぎたため、変な時間(4時過ぎ)に目覚めてしまった。



とはいえ、昨日サボった家事が山積みだったので、それをこなして自由時間終了。

そろそろ2度寝モード・・やばいやばい。

新学期2日目にして娘に幼稚園遅刻させるわけにはいかない。

でも、眠い。

眠気覚ましにブログでも更新するか・・と、パソコンに向かってます。

が、・・・これがいけないのね!



さっき家事をこなして・・・なんていったけど、洗濯物をたたんでしまい、洗濯機と、食洗機をセットしただけ。

ここまでは当然すべきこと。

これ以上をしないから、部屋が片付かないのよ・・



私は決めた。



9月のテーマは「ものを減らそう」だ!





実は私、「捨てられない病」です。



郵便物の中身やレシート、自分の書いたメモ、子供のちぎった紙切れ・・

とりあえず、いったんとっておく。

家計簿をマメにつけるわけじゃないし、後でその郵便物を見るわけじゃない。

でも、捨てるまでに時間がかかる。

一度じっくりと一通り、自分で目を通して検閲し、「捨ててもOK」サインを出すまではとりあえず、ゴミ箱に入れられない。



目を通すスピードより早く、新しい「とりあえず保管するもの」がドンドン増えていくもんだから、簡単に箱いっぱいになってしまう。

これって一種の病気ですね。

結局いらないものに目を通すなんて、なんて「後ろ向きな」作業なんでしょう。



なんでそうなんだろう・・

とかいってるけど、実は分かっている。



私は過去の記憶を忘れないでいる、という自信がない。

要は「すぐに忘れてしまう」ということなんだな。

おかげで、「根に持つ」という機能が私の頭には全くない。

喧嘩を翌日に持ち越したことも、もちろん一度もない、というメリットもあるんだけど、過去の記憶が脳みそからドンドン抜けていってしまい、「キッカケ」がなければほとんど思い出すことができない。

思い出せればいいほうで、ひどいと、3、4年前の記憶でさえ、言われても思い出せなかったりする。



思い出は、心の中にあるから大丈夫。

とも言う人もいるけれど、私の場合、その数が異常に少ないような気がする。



若年型アルツというべきか、過去に執着しなさすぎ、というか・・

前に小中学校の同級生と集まったとき、当時の話をみんなでしていて、その話のほとんどを思い出せなかったのよね・・・

当時その現場にいて、自分が発言したはずなのに、言った当人は全く思い出せず、残り全員が覚えている、ということもあったりして、淋しいものでした。



もちろん、小さい頃のことでも、主要なことは鮮明に覚えていたりするから、思い出せない記憶なんて、きっと私にとって取るに足らない記憶だろう。

と割り切ればいいんだけど、時々「ふっ」と蘇る、忘れかけてた昔の記憶に浸る瞬間もたまにはあってもいいじゃないか。

その上、以前レシートを捨てようとしてよく見たら、偶然娘が生まれた日のもので、その日のことを思い出したら捨てられなくなった・・・

なんて経緯もあってか、その辺のコンビニで使ったレシートでさえ、一度「検閲」することになってしまっている。

やっぱり、思い出に浸るためには「キッカケ」となるものが必要さ。



・・・と、言い訳して今へ至っているけれど。



ダンボールの中にあるひとにぎりの「キッカケ」になりそうなもののために、自分のこれからの時間を費やすのはやっぱり「後ろ向き」だなあ・・

「検閲」してる時間に、新しいこと、もっとできるかも。

過去より、今自分の周りにいる大切な人たちと、これから作り出していく思い出のほうがきっと大事なはず。



というわけで、ちょっと勇気を出して、すっぱり捨ててみようと思います。

もちろん全部じゃないけれど、目を通さなくても良いかも知れないものは、きっぱり捨てていくことにします。



せっかくだからルールを決めよう。

1時間以内の自由時間は「ものの処分」に充てるぞ!

ブログの更新はその後だ。



9月は頑張ってものを減らして、来月は「ものを作ろう」をテーマにするぞ!



あ、独り言です。

ここで誓っておくと、少しは頑張るでしょうか・・

更新滞っても、そういうわけだと許してやってくださいな。



スズメちゃんがベランダでチュンチュンないてます。朝ですねぇ。

やっぱりちょっと寝ます。

誰か7時45分に起こしてー!

・・あーなにやってるんだか・・


[PR]

by mew2_jp | 2004-09-02 07:16 | MEMO

<< リメイク。 子供のため息。 >>