言葉変換『もんじろう』用アイコン 小学生のハハです。   

2006年 05月 13日

またしても、お久しぶりでございます。

この4月で娘が小学生になりました。

なんだかすごいんです!
小学生になったとたん、どこへでも行けちゃうんです。うちの子。





入学するまでは横断歩道すらひとりで渡れなかった(厳密に言うと、渡らせたことなかった)のに、朝の登校、もちろん下校も親要らず。
その後、ひとりで(といっても誰かお友達と一緒に)
児童館、公園、お友達のお宅、おもちゃやさん・・と、テクテク歩いて、時には自転車に乗ったりして出かけてしまいます。
と、驚いてはみたものの、気がついたら周りの子もそんな風で。
なーんだ。そうか。みんなできるのか・・
実はなんでも出来ちゃうお年頃になっていたのね・・

今日だって、冷蔵庫の牛乳が切れてると気がついたら、さっさと着替えて「おつかい」に行ってくれたし・・
いやー、小学生はすごい!頼もしい限り。


そうはいっても、やっぱりまだまだ甘えん坊な小学1年生。

ついさっき、こんなことが。

不意に3歳のムスコが「ママー!」と私に飛びついてきたのだが、
飛びついてきたときのアホ面があまりに可笑しくて、ほっぺすりすりしちゃったのだ。
そんな時なんだか視線を感じて振り返るとオネエが・・
なんと、目があったとたん、泣き出しちゃったわけさ・・

え?なんでなんで?

理由を聞くと
「だってー、2人で楽しそうなんだもん・・」
とメソメソ。
これって、ヤキモチか?

あらまあ、可愛いじゃないの!
思わずオネエも抱っこしちゃったわ・・


なんかここのところ、子供たちがやけに可愛い。
子供と一緒にいる時間が愛おしい、というのが正しいのでしょうか。



オネエは悪知恵もパワーアップして、なかなか「こにくったらしい」し、
オチビもずいぶんが「我」が出てきて困ったさんな日々なんだけどね。



先日、娘が卒園した幼稚園に久々に顔を出した時のこと。

甘えん坊の娘ったら
担任だった先生に「だっこー!」と在園中と同じ調子で言うもんだから
「もう小学生でしょう!恥ずかしいじゃない!」
と思わず言ってしまった私。

でも先生、
「抱っこしたくてもそのうちできなくなっちゃうんだから、できるうちに抱っこしてあげるよー」
と、快く娘を抱えてくれました。



そんな素敵な先生で本当によかった!と思う反面、
やっぱり、「抱っこ」できる時間はあとちょっとなんだなぁ・・と寂しくもなり・・


子供との「今」を大切にしなければ。


まあ、そんなこんなで、何を書きたいんだか・・という感じですが、
ママ的にはとっても落ち着いたシアワセな今日この頃です。



お姉ちゃんの手が少し離れたついでに、
今年は何かはじめよう、もしくは再開しよう。的な動きが心の中にあったりするんですけどね。

自分周りの身辺整理(?)はボチボチやっていこうっと。



やりたいことリストアップすると途方に暮れてしまうのだが・・・

とりあえず、その優先順位をつけることに没頭する日々です。
おかげで、自分の時間増えたはずなのに、頭の中が忙しい!


[PR]

by mew2_jp | 2006-05-13 21:28 | MEMO

<< 防災頭巾カバー UTRECHT Outside In >>